買取で郵送する際のメリットとデメリットとコツを考えましょう

リサイクルやオークションが流行っており、昨今は中古品をリサイクル商品として販売する業者や店が、たくさんできています。昔に比べて、リサイクル品に対して抵抗がない人が増えた事や、リサイクル品自体が新しくてキレイな物が多くなった事が背景にあります。

そのようなリサイクル品ですが、最近は店舗を持たないで郵送だけでやりとりする買取業者も増えています。一般的なリサイクルショップなどであれば、何か品物の買取を希望する場合には直接品物を店舗に持ち込んで査定してもらう必要があります。そこですぐ査定が行われ、査定額に承諾すれば買取が成立し、その場で現金が支払われます。

持ち込みと査定が迅速に済むので、時間がかからないのが利点です。しかし万が一査定額に納得しない場合は、二軒目、三軒目とお店回りをしたり、手間も時間もかかります。また近所にリサイクルショップがない人や、自分で店まで行けない人、大き過ぎて直接持ち込んで買取という手段ができません。

しかし、最近では店舗型の買取業者だけでなく、郵送だけで買取が成立する業者がたくさん増えています。

ブランド専門の店や時計専門の買取業者等がありますが、店舗を持たないために店舗維持費などが必要なく、また人件費用などもかかりません。そういった経費節約をすることができる点で、買取金額に反映することができるというメリットがあります。

そして郵送でやりとりするので、自宅から一歩も出なくても買取を成立させることができます。業者が指定する箱や袋に買取希望の商品を入れて、商品が業者に到着次第査定をしてもらいます。

後日メールや電話で査定額の結果が明らかになるので、査定額に不満がなければ買取成立となり、日をあらためてお金が振り込まれます。もしも買取金額に納得しなくても買取をやめることができ、品物を返してもらう事が可能です。その際にかかる返送費用は基本的には業者が全面で負担してくれるので、気兼ねをせず買取を試すことができます。店舗に持ち込むよりも時間がかかるのがデメリットですけれど、忙しい人にとってはとても便利です。