ダイヤの買取を依頼する前に査定システムを知っておきましょう

頻繁に利用することはなくても、買取サービスというのを多くの人が使ったことがあると思いますが、一般的な総合買取サイトから専門サイトまでさまざまなお店が最近では増えてきました。インターネットの発展によりスマートフォンからでも簡単に買取サービスができるようになった一方で、専門的な商品に関しては昔ながらの実店舗などに頼む方も少なくありません。そういった意味では貴金属やダイヤなどの買取サービスは、インターネット上でも買取サービスが受けられるようになりましたが、専門的な買取となるのでより慎重になる人も多いです。

やはりダイヤなどの価値があるものを買取に出す場合には基準を知っておくと交渉などの時に理解がしやすかったりするので、その辺はしっかりと事前に勉強しておくのがいいでしょう。

ダイヤの価値を決める点としては4つのCという項目があり、それぞれカラット、カラー、クラリティ、カットの四つとなります。このうち誤解されやすいのがカラットであり、こちらは重さという基準になるので、大きさだと勘違いしないようにしましょう。カラーに関しては分かりやすいかもしれませんが、実際にダイヤには多くの色が存在します。一番いい度合は無色透明であり、逆に黄色味が掛かっていくほど価値が低くなってしまいます。

cap image

クラリティに関しては透明度という項目なのですが、天然のダイヤにはどうしても内包物が混ざってしまうことが多いです。しかしこちらにも個別で当然差があるので、これが少ないほど価値が高まることになります。最後の基準点としてはカットですが、こちらは有名なブリリアントカットなどさまざまな種類のカット方法がダイヤにも存在します。

ダイヤの買取なら安心・納得の価格査定のこちらのサイトへどうぞ
ダイヤの買取についてどんなことでもご相談ください
https://galleryrare.jp/diamond/

カットの種類だけではなく研磨性や対称性という点も同時に査定されて、その総合度でダイヤの価値が上下することになります。

このようにダイヤの査定基準はかなり明確なものとなっているので、なにか不備な点があれば積極的に質問をしていくのがいいでしょう。またダイヤの買取専門店にはダイヤ鑑定士がいるところもあるので、こちらを利用する方が安心して取引に出せるでしょう。